15トン電車考
その2
2009年12月21日公開
Type of 15ton Locomotive

 15トン電車の「向き」については、運転室側が前面(@エンド)という事、かつ、港駅側に運転室(港駅←L)という風に揃えられていると、古絵葉書等からも検証して半ば"確証"していたのだが、何ゆえか、実は逆向きとなった例外も存在しています。まったくの想像ですが、おそらく登場時の向きは揃えられていたものの、港駅などにあったデルタ線等での入換の過程で向きが変わってしまったのでは?と考えています。
 画像は三池鉄道のバイブルと言える杉田肇氏著『私鉄電気機関車ガイドブック』(誠文堂新光社刊)からの一葉ですが、なぜか8号電車が逆向きになっています。


『私鉄電気機関車ガイドブック』(誠文堂新光社刊)より逆向きとなった8号。後続の1号6号が通常の向きである。


本館ページへ戻る
15トン電車考その3