N協専用線
湖山駅

炭鉄別館
2017年7月9日公開

 鳥取地区の貨物集約駅であった湖山駅をぐるっと廻ってみたようですが、あまり目を惹くような物件はなく、収穫は少ないですね。当時、石油列車の設定があったはずですが、石油基地には行かずして、N通のシャンターは未確認。ただ、なぜかN協専用線だけは覗いていました。当時にあってもワム車で肥料輸送が残っていたのが珍しく感じられたようです。
 『専用線一覧 昭和58年版』より、共同使用線に接続する側線としてN協専用線0.4キロとあります。ちなみに共同線からは石油会社各社の専用線も分岐しており、専用線センターの様相となっています。


N協倉庫にパワムが横付けされています


倉庫を覗いてみました。パレットに積まれているのは肥料


トラ55000形でしょうか。事業用として残っていたと思います


タム6152号。味タムは全国で見られたが、山陰では一度きり

すべて1989年3月湖山駅にて


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る