続けてやってきたのは、TDE101号の牽く臨客列車。揖斐川のトラス橋にてサイドから狙います。撮影した場所は歩行専用となっていた旧揖斐川橋梁です。この橋は旧東海道本線の橋梁を転用したもので、1886(明治19)年の竣工、のちに重要文化財に指定されました。この橋を渡ったところで、大垣からの折り返しを待ち、横屋駅を過ぎて犀川橋梁に向かいました。築堤の桜がみごとな満開となっていました。














淡墨桜 臨客その3へ


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る