2013年1月26日公開

名瀑布として有名な「白糸の滝」は、家からもそう遠い所でもなかったのですが、はじめての訪問です。土産物通り(ニジマスは旨かった)をひやかして長い階段を降りると、滝をぐるりとパノラマに見上げることが出来ました。観光絵葉書ではいくらでも見られますが、現地ではひんやりとした空気とともに迫力を肌で感じられました。
この撮影(2012年8月)のすぐのちに、世界文化遺産登録にむけた滝壺の整備工事が始まっています(2013年12月まで通行規制の計画)。このため、わたしの撮った写真から消滅してしまったものがありました。滝壺にあった二店の土産物屋が整備工事によってすでに撤去されています。















撮影はすべて2012年8月

  
炭鉄別館に戻る
 
炭鉄に戻る