デジカメ散歩
大井川鐵道
トーマス号
2014年9月20日公開

 トーマス号を見るまでは、どうせ子供だましだろうと高を括っていた私でしたが、実物をみたら完成度の高さに驚きました。10月12日までの運転となっているので、もう一度ぐらいは観に行きたいものです。実際、運転は大好評で、3ヶ月間の運転期間でしたが、指定券はプレミアチケットとなって早々に完売となっています。その多くは、トーマス号を行程に入れたツアー客のようで、新金谷駅の駐車場は乗客を待つツアーバスが犇く状況となっていました。







 トーマス号となったのはC11227号(昭和17年 日本車輌製)。昭和50年11月大井川鉄道に入線。トーマス号への改造にあたっては、ご尊顔のほかにも、塗装変更、前照灯・尾灯の移設やホイールカバー等、色々と手を加えています。


原型はC11227号。昭和51年7月より始ったSL復活運転の一番機として活躍したが、台枠亀裂により一時離脱していたこともある。




転車台のC12164号に近づくトーマス。ギャラリーと近いです。



トーマス号がC12164を入換。



転向のため、トーマス号が転車台に向かいます。

上りトーマス号から降りた乗客たちがわらわらと。


新金谷駅に新設された転車台にて。

 有名な大井川第一橋梁(抜里〜川根温泉笹間渡)にて下りトーマス号を狙います。お手軽&有名地なだけあって、一般ギャラリーも含めて30〜40人は集まっていたでしょうか。









撮影はすべて2014年8月


別館トップに戻る
大井川鐵道
塩郷の吊橋

炭鉄indexに戻る