デジカメ散歩
大井川鐵道
塩郷の吊橋
2014年10月5日公開

 大井川にいくつかの吊橋が架かっていますが、その中でも手軽で(駅から近い)、なお且つ最長(最恐?)なのが、塩郷の吊橋です。スペックは、長さ220メートル、高さ11メートル、一度に渡ることのできる定員は10名までとなっています。塩郷駅のホームの目の前にさっそく見えますが、人の肩幅分ほどしかない踏板に、高いところが大好きなわたしとしては、心揺すぶられるものがありました。


塩郷駅。大井川が近いです。


大井川と吊橋と塩郷駅。奥に塩郷ダム。


大井川鐵道と吊橋。


渡り始めは、民家の屋根を越えていく。対岸がはるか向こうに感じられた。




吊橋から塩郷駅を望みます。


対岸から大井川鐵道を見ました。


望遠レンズで撮ると、吊橋の撓みが強調されて面白い。

 SL列車に吊橋を絡めて塩郷ダムから望遠レンズで狙います。吊橋を渡る人の背景にSLを入れる目論見でしたが、なぜかSLの通過時には人が渡って来なくて当てが外れました。吊橋も横から見るとか細いワイヤーです。


塩郷ダムから。吊橋を渡る人を望遠レンズで捉えます。


SLはいい煙を吐いてくれましたが、肝心の吊橋を渡る人がいません。


塩郷駅は通過します。



撮影はすべて2014年8月


別館トップに戻る
大井川鐵道
Cト105号とCシキ301号

炭鉄indexに戻る