2014年10月4日公開

2014年9月の箱根その1

 昼前に家を出て、昼過ぎには強羅駅に到着です。新車のデビューは11月1日なので、これといった目当てはありませんが、旧型電車を撮って、温泉に一風呂できたらという、ぷらっと小旅行です。


バンガロー風の強羅駅舎。



強羅駅。1番2番ホームが同一側に並ぶ配線。側線には保線用のモニ1号。


早雲地獄が遠くに見えます。


1000系電車が登ってきました。。


ケーブルカー接続の便のため、2番線に到着です。

 強羅駅から箱根登山鉄道鋼索線(ケーブルカー)に乗ります。車輌は1995年にスイス GANGKOFF(ガングロフ)社から導入したケ100形+ケ200形ですが、HT1、HT2という編成番号がついています。
 高低差214メートル、1.2キロという里程ですが、途中駅が4ヶ所もあります。軌間は983ミリ、これは今回初めて知りました。


定員126名の2両編成ですが、乗客は満員。


一番後ろが取れました。ゼロキロポストが見えます。


強羅駅を出発しました。


公園下駅。強羅公園の最寄り駅です。


公園上駅。


明星ヶ岳の大文字が見えます。


中間地点の行違い線にてHT1編成とすれ違い。


乗っているHT2編成は中強羅駅、HT1編成は公園上駅に停車中。


カメラをすこし上に向けて大文字を入れてみました。


中強羅駅。


鬱蒼とした上強羅駅。


早雲山駅に到着。


昭和チックな早雲山駅。箱根ロープウェイに乗り換えます。


秋空の明星ヶ岳と大文字。

(つづく)

すべて2014年9月撮影

  
炭鉄別館に戻る
 
炭鉄に戻る