列車のあれこれ

その8
2015年11月8日公開
JR train in Oomuta

 8月に撮った「その7」から、これと言った変化なく推移している大牟田専貨こと、1151レ(大牟田着7:50)と1152レ(大牟田発12:08)。まめに記録々々と(すっかり青釜比率が高まりました)。


(2015年11月大牟田)旭町駅舎付近を通過する1151レ。曇り模様なら撮り易い場所。


(2015年11月大牟田)大牟田駅に到着した1151レ。逆光気味だが、ホームの影で何とかなる。


(2015年11月大牟田)大牟田駅を出発、黒崎駅を目指して北上する1152レ。どの季節でも正面は影になる。


(2015年11月鳥栖)鳥栖駅1番線に進入する1152レ。乗務員交代のために停車する。


(2015年11月黒崎)この日の1152レは銀タンコの入換がないため、4番線に入線(実はこの時、M菱化学専用鉄道にてトラブル発生、シャンターが駅入口にて立ち往生中)。なお、黒崎駅は駅舎工事中のため、ホーム上は雑然としている。

 大牟田〜仮屋川操車場間のJRイレキはDE101202号。元JR東日本のDLでしたが、廃車後、JR貨物にて車籍復活したという経緯があります。本来、A寒冷地仕様で製造され、東北スジで活躍した機関車ですが、流れ流れて南の地に。九州では残り少ない(稼動機としては唯一?)の国鉄色DE10として人気爆発?


(2015年11月大牟田)大牟田駅側線にて出動を待つDE101202号。昭和47(1972)年川崎重工製。


(2015年11月大牟田)オフレールステーション化されていますが、昔ながらの貨物取扱所の雰囲気。


(2015年11月大牟田)1151レ到着後、DE10の仕業が始ります。


(2015年11月大牟田)実際にはEF81は切り離されていますが、一見プッシュプル風。


(2015年11月大牟田)やっぱり赤色板は先頭に付けました。


(2015年11月大牟田)仮屋川操車場へ向けて。入換列車として設定されている為、この間、上下線とも封鎖中。


(2015年11月大牟田)長溝川踏切跡。鹿児島本線から仮屋川操車場への分岐点。


(2015年11月仮屋川)仮屋川操車場へ到着すると、すぐに機廻しが行なわれる。


(2015年11月仮屋川)DE10の短エンド(2位)側にも折り戸があるのは元JR東日本所属機の特徴。ATS‐Pが収納されている。


(2015年11月仮屋川)出発時間まで、暫し。この間に三池2便が到着します。


(2015年11月仮屋川)順光線でDE10が撮り放題。側窓下にはタブレットキャッチャーが残されている。


(2015年11月仮屋川)三池2便が出発後。DE10は少しだけ前進しています。


(2015年11月仮屋川)この日は何故か銀タンコが宮浦駅に取り残されて海コン+黄タンコのみ。黒崎駅トラブルの関係?


(2015年11月仮屋川)


(2015年11月仮屋川)


(2015年11月大牟田)旭町駅舎前を颯爽と通過するDE10。


炭鉄本館へ戻る
最近のJR入換列車その9