デジカメ散歩
大井川鐵道
両国吊橋
2017年2月25日公開

 大井川吊橋シリーズから、今度は川根両国駅近くに架かる両国吊橋です。主塔によれば昭和63年7月竣工と新しい吊橋であり、歩板は鋼板張りとなっています。耐風索もしっかりとしており、揺れのスリルはありません。因みに長さ145メートル、高さ8メートル。ただし、シチュエーションが良く、井川線と川根両国駅の車両区線を跨ぐように架かっていて、橋上から井川線の撮影ができます。


入換中のDD203号の向こうに両国吊橋


両国吊橋から井川線両国車両区




井川方面。井川線最初のトンネルなので、第1番トンネルでしょうか


吊橋の揺れは少ない


川根両国〜沢間間をゆく上り列車。土砂崩れ防護壁が生々しい。この付近は2010年8月の崩土現場だろうか(2011年8月まで区間運休となった)




トンネルを飛び出した井川線列車。牽引は旧塗装のDD203号










渡った先は公園となっている


両国吊橋の主塔

撮影はすべて2016年2月


別館トップに戻る

炭鉄indexに戻る