ED501号その2
2016年10月30日公開

 ED501号が、2016年SLフェスタに合わせて白帯とスノープロウを取り付けた、前任地の三岐鉄道仕様となっています。同機はこの日は新金谷駅入換機として稼動していました。








金谷側


千頭側。尾灯が前後で異なっていたんですね


 C108号と並ぶ。大井川鐵道ならではの光景

 この日のED501号のお役目は、側線に留置されたE34号+スハフ14557+オハ14535+スハフ14502を1番ホーム車両展示の為の入換です。E32号はパンタグラフが上がっていますが何ゆえ?演出?










10月だというのにヒマワリにアサガオ








1番線のE34号+14系客車3両。客車はオハ14511号が整備中のため外れています。




E34号と14系客車を側線に戻す為、再びED501号が出番




この日の役目を終えたED501号は車庫へ帰ります



 手旗信号体験で動いていたE32号。今までのSLフェスタではせいぜい展示機扱いだったので、ようやくキャストが付いたか。パンタグラフを上げて稼動する姿は初見です。また、E32号にもいつの間にか千頭側だけにスノープロウが付いています(→@A)。







すべて2016年10月新金谷にて撮影


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る