2019年6月3日公開

 足尾歴史館(2019.04より古河足尾歴史館に移管)が動態保存するD805号です。定期的な公開運転が足尾駅にて行われています。この日は古河鉱業所有のタキ29312号の入換デモンストレーションが行われました。
 D805号解説より、「この動車は1971(昭和46)年に福島県の協三工業で製造された総重量10トンの入換動車です。最高速度は15キロですが、160トンの貨車が牽引できます・・・D805号機は太平洋セメント(元チチブセメント)安積永盛サービスステーションで活躍していましたが、鉄道貨物の廃止に伴い廃車となり、同社のご厚意で2008(平成20)年に足尾歴史館が譲渡を受けました・・・」。































すべて2017年9月撮影


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る