ある日の
1152レ
黒崎駅
2017年11月23日公開
炭鉄本館へ戻る
1152 goods train at KUROSAKI

 偶には黒崎駅で1152レを見てきました。濃硝酸(銀タンコ)が黒崎止まりとなるのは変わりませんが、黄タンコ(日豊本線の不通)&海コン不在なので、編成としては面白みはなく、1152レは銀タンコを側線に開放してからは単機運転となります。2017年11月15日(水)の1152レは以下でした。

 ED76 1019号「門」
 コキ200-122(黒崎解放)
 コキ200-76(〃)
 コキ200-61(〃)
 コキ200-110(〃)


5番線に1152レが到着




銀タンコを側線に入換






出発待機の1152レ。黄タンコ、海コンがなければ必然的に単機

 M菱ケミカル黒崎工場より、D353号が銀タンコ4両が推進して入線です。この編成が154レとして北九州貨物ターミナルに運ばれ、翌朝、さらに1151レとなって大牟田にやって来ます。
 D353号は、折り返し1152レで到着した銀タンコを推進運転で工場へと引き取ります。


D353号が銀タンコ4両を牽いて入線






単機の1152レとの並び


光線が目まぐるしく変わる日でした






1152レで持ってきた銀タンコを推進運転で工場へ

 単機運転の1152レが去った後、続けて黒崎止まりの4092レが到着します。ED7681号牽引のコンテナ編成で、全車側線へと留置、さらに側線を変えてM菱ケミカルからの銀タンコに連結します。この編成が154レという列車番号になり、北九州貨物ターミナルへ向けて出発します。


同じく5番線に4092レが入線


コンテナが載っているのは前5両ほど。あと6両はすべて空車でした


4092レで牽いてきたコンテナ編成を側線に入換






154レ出発の準備が出来ました

 定番撮影地ですが、八幡駅ホームより154レを撮ります。同じ位置から2005年に4172レ(現在の1152レ)を撮っていますが、高速道の開通によって背景が大きく変わりましたね。



撮影はすべて2017年11月


炭鉄本館へ戻る