2019年6月26日公開

 1月に続いて、伊豆箱根鉄道大雄山線の5000系大場工場入場回送が行われたので小田原→三島と出掛けてきました。小田原の入換はまた間に合わず…コデ165号の回送(11:36発)を見送って、三島駅まで向かいます。









 小田原駅1135発の甲種輸送列車を、途中追い抜くかたちで三島駅まで先行。ゆっくり昼食後にJR1番線ホームにて13:55着の甲種輸送の到着を待ちます。JRFの牽引機はEF65-2094号でした。


JR1番線名物、欠き取りホーム。






2番線をEF210-901のカモレが通過


ホームに停車するので銘板も


5000系を切り離すために、ホーム端まで前進




JR1番線に置かれた5000系

 14:06伊豆箱根鉄道の電気機関車がやって来ました。本日はED33号でした。ED33号は一先ず9番線に入線、ホームにてしばらくスタッフのミーティングが続きます。










駿豆線への渡り線

 14:46、ED33号が動き始めました。一旦、本線側に引き上げてから、JR1番線へと向かいます。渡り線はJRの操車手が手旗を振ります。


一旦、駿豆線本線に引上げ




JR操車手が私鉄電機の手旗添乗







 15:22、ED33号は5000系を牽いてJR1番線を大場工場に向け出発していきました。





すべて2019年6月撮影


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る