2019年8月4日公開

 朝の7時から大牟田市内の神社巡りした御利益なのか、大牟田専貨に銀釜こと、EF81-303号の運用に巡り合いました。せっかくのネタ釜ですが、大牟田駅には同好者は誰もおらず、一人で撮りまくっています。

〇仮屋川操車場から折り返してきたHD300-27号と。
〇すれ違いのシーン。HD300形の運転台は意外と高い位置にあります。
〇EF81-303号が動き出します。
〇ワンマンミラーに写った銀タンコと銀釜。
〇1034、銀タンコに連結。
〇303号には小倉工場 昭和61年改造(重連総括制御の改造)の銘板が付いています。
〇急いで形式写真を押さえます。
〇1038、操車掛が添乗し、発車位置までゆっくり前進。
〇出発準備の出来た1152レ。
〇1152レは、いつもの橋口踏切にて。出発時刻になって突然の雷雨で、慌てました。
〇翌日も大牟田専貨は銀釜だったそうです。

すべて2019年7月撮影


炭鉄本館へ戻る