2019年8月17日公開



 山梨県富士吉田市新屋にある漣神社です。”漣”は”さざなみ”と読みます。名前からして”水”に関係がありそうですが、祭神は住吉三神なので、海の神様(航海の安全や、大漁祈願)です。さらに向拝の宮彫りには、女神が彫られていますが、おそらく宗像三女神ではないでしょうか、やはり海の神様です。海のない山梨県に何ゆえに海の神様という気がしますが、ここでは河口湖を指しているのでしょうか、謎ですね。漣神社は別名、”天狗の宮”とも呼ばれ、鬼瓦は天狗です。天狗といえば、”山”というイメージですけど。
 今が流行りの新屋山神社とはほど近い場所ですが、こちらはひっそりと静まり返っていました。












2019年7月撮影

  
炭鉄別館に戻る
 
炭鉄に戻る