2019年9月7日公開


 毎年恒例の浅草墓参りに出掛けていますが、浅草寺は撮り飽きたので、足を伸ばして今戸(いまど)神社まで歩いてきました。今が流行りの神社で、縁結びの御利益があるということで、対になった招き猫の絵馬(500円也)がずっしりとぶら下がっていた。一説には、今戸神社を”招き猫発祥の地”としているが、裏付ける史料はないらしく、イメージキャラクター的な存在として、後付け的なものだろう。結局のところ、女性受けするマーケティングが上手な神社という印象で、神々しさといったもは感じられなかったという感想です。










対になった招き猫の絵柄は神社のあちこちに見られた。






2019年9月撮影

  
炭鉄別館に戻る
 
炭鉄に戻る