2019年10月13日公開

 いつもの大牟田専貨です。今回は仮屋川操車場には行かなかったので、まずは入換列車を大牟田駅にてお出迎え。イレキはHD300-21号、すっかり大牟田の風景に馴染んだ気がします。一方、大牟田専貨の牽引機はEF81-716号、銘板を見ると昭和49年製ということで令和元年で45歳。敦賀からの転属機なのでスノープロウを装備しています。

〇10:19大牟田駅に入場する入換列車
〇入換列車が停車、すぐにHD300は切り離されて
〇いつもの寝床に入ります
〇10:32入換列車と同じ操車掛が添乗して、EF81-716号が動き出しました
〇大牟田駅の長いホームとともに
〇1152レの先頭に立つ時が形式写真チャンス
〇ミラーを入れての構図はお約束
〇西鉄水都が大牟田駅に入線
〇晴れの日は機関車の中央に影が掛かってしまう
〇1152レが完成
〇出発位置まで前進する時がシャッターチャンス
〇716号は昭和49年三菱にてEF81-116号として製造
〇大牟田12:08発の1152レはいつもの場所で
〇翌日も同じ716号機でした
〇殿を黄タンコが締めます
〇おまけ。大牟田駅の貨物扱所にはフッ化水素酸専用のUT4C形がいました。

すべて2019年10月撮影


炭鉄本館へ戻る