2020年11月30日公開



 神奈川県厚木市飯山の龍蔵神社(”蔵”は正しくは”藏 ”)。社前に小鮎川が流れています。鳥居脇の由緒書きによれば、創建は神亀2(725)年僧行基(668〜749)の勧請になるとあります。行基は龍蔵神社とほど近い飯山観音(飯上山長谷寺)を開基したといわれ、何らかの関係があるのだろう。旧名は井山神社龍蔵大権現、”井山”は飯山の古名か、1873(明治6)年飯山村の村社となります。なお、1889(明治22)年には飯山村は小鮎村に改称されました。








2020年8月&11月撮影

  
炭鉄別館2号店に戻る
 
炭鉄表紙に戻る