2020年12月26日公開



 神奈川県厚木市妻田西の妻田神社。境内の由緒書きによれば、後鳥羽天皇の代(1183〜1998)に、許波多(こはた)神社(京都府宇治市)より、分霊したとあります。そのため、祭神は雨忍穂耳神(あめのおしほみみのかみ)という珍しい神様(農業神)。旧称は鮎川神社、また柳明神(許波多神社の旧称)と呼ばれ、明治以降に妻田神社に改称されたとあります。旧妻田村の村社。








2020年12月撮影

  
炭鉄別館2号店に戻る
 
炭鉄表紙に戻る