20号電車グラフティ
その1
2011年6月6日公開
Type 45T

 45トン電車20号機をグラフティにまとめてみました。
 この20号電車、三池鉄道廃止後も久しく部品車として宮浦駅に留置されていましたが、野晒しということもあり、塗装は剥げ落ち木製部分も朽ちかけて、年々その状態が心配されていました。そんな折り、UTXCさんのブログ(『眠れないマクラギを数えて』)から嬉しいニュースが飛び込んできました。この時期(5〜6月)は恒例の定期運休期間ですが、この間を利用しての?再塗装が行われ、見違えるような姿になったと報告されています。
 今後、20号電車も保存車リストに入るのか、一般公開まで漕ぎ着くのか興味は尽きませんが、まずは現役バリバリだったころを偲んでみましょう。






(3枚とも1990年3月三池港)




(2枚とも1991年3月三池港)


(1990年3月三池港)


(1992年8月三池港)


(1993年3月三池港)




(2枚とも1992年8月三池港)ホサ列車の送りこみを終えて、港駅に帰ってきた。




(2枚とも1990年3月三池港)港ヤード終端側にて機回し中。


本館ページへ戻る
20号電車グラフティその2