車輌のあれこれ
2号と4号
2013年1月10日公開
20TON TYPE

 2012年5月の定期運休中に再塗装された2号と4号電車。車体だけは綺麗に塗られているので、出場時はすわ保存かと騒ぎましたが、窓周りなどは結構ぞんざいな塗りなので、ちょっと期待しすぎたのかも知れません。ナンバープレートも一緒くたに赤くなっています。また、2号4号とも外観上は木製屋根が無くなった以外、現役時代を彷彿させますが、台車周りはスケスケとなっており、すでに主電動機などが取り外されたことが窺えます。


(2012年11月宮浦)2012年5月に4号→2号の順で出場した。


(2012年11月宮浦)


(2012年11月宮浦)Zパンタグラフを載せているが、本来は4号電車のもの。


(2012年11月宮浦)2号電車と比べると、屋根が痛んでいる。


(2012年11月宮浦)4号電車の特徴のジャンパ栓とフード付き尾灯。

 2011年の様子。留置位置が若干異なる。2号4号とも木製屋根が取り外されたが(朽ちてしまったのか)、その際、何故かパンタグラフ(台)がそっくり入れ代わってしまった。




(2枚とも2011年11月宮浦)

 再塗装前の20号2号4号が並ぶ。本来、右端の4号電車がZパンタグラフを載せていた。


(2009年11月宮浦)


本館ページへ戻る