ある日の
4172カモレ

その1
2005年2月20日公開
4172 goods train

 4172カモレ(*1)は、大牟田発〜(黒崎・北九州(タ)経由)〜南延岡着の専用貨物列車で、大牟田着の4175カモレの折り返しとなる列車です。朝方、三池鉄道の1便で運ばれてきた編成が、そのまま4172カモレとなります。上り方より、ED76「門司機関区」+黒崎ゆき(濃硝酸タンク車返空)+南延岡ゆき(液化塩素・濃硝酸タンク車返空)+北九州貨物ターミナルゆき(海上コンテナ)というのが基本編成です。

 以下、2005年2月15日(大牟田12:05発)の編成内容です。

 ED76-43「門」 北九州(タ)まで

 タキ10465(三菱化学/黒崎駅常備)
 タキ29115(三菱化学/黒崎駅常備)
 タキ10473(三菱化学/黒崎駅常備)
 タキ29009(日石輸/郡山駅常備・黒崎駅臨時常備) 以上、黒崎ゆき返空

 タキ155454(日本陸運/神栖駅常備) 南延岡ゆき返空

 コキ200-123 空車
 コキ200-64 空車
 コキ200-98
 コキ200-122
 コキ200-126 以上、北九州(タ)ゆき

 大牟田駅では、3番ホームから2線分空いた好条件で形式写真が撮れます。ただ停車位置の関係から、標準レンズでは機関車の正面に回りこむことはできません。ホームの乗降客は少ないですが、列車は頻繁なのでご注意。時間はたっぷりあるので、ゆっくり撮影できます。
(*1)北九州(タ)から4573カモレに列車番号が変わります。

2005年2月大牟田ED76-43 2005年2月大牟田ED76-43
2005年2月大牟田タキ10465
2005年2月大牟田タキ29115 2005年2月大牟田タキ10473
2005年2月大牟田タキ29009
2005年2月大牟田タキ155454 2005年2月大牟田コキ200-64
2005年2月大牟田コキ200-98
(2005年2月大牟田)タキ5450形が1両というのは寂しいです。


本館ページへ戻る