ネガの影干し
OD152
秋田臨海鉄道
2011年1月3日公開


 秋田港駅機関庫前に、秋田臨海OD152という小型ディーゼル機関車がいました。一見して、日車15トンの規格型と分かりますが、雪国らしく旋廻窓を装備しているのが特徴でした。立派に秋田臨海のマークが入っていますが、どこかの専用線シャンターとして使われていたのでしょうか、ODという特徴ある形式は元Oセメント?。さらに、ラジエーター日車エンブレムの位置に日立の銘板がついていましたが、まったく別の機関車のものを取りつけたと思われます。










(すべて1990年8月秋田港)



(1990年8月秋田港)通常なら日車エンブレムのつく位置に、なぜか日立(1971年製造 製番13167)の銘板が付いていた。


別館TOPに戻る

炭鉄indexに戻る