2006年5月20日公開

 1995年鉄研合宿の同伴で、JR九州小倉工場を見学しました。その際、入換機としてDD1642号が元気に活躍する姿が見られました。資料によれば、当時の九州には42・43・62・64号の4両のDD16がいて、このときの旅行では、後日、鹿児島運転所でDD1662も目撃しています。
 本来、ローカル線貨物用として登場したDD16でしたが、その廃線・廃止後、小回りのよさを買われて入換機として生き残ったものもいます。DD1642もその1両でしたが、現在ではJR九州からは消滅形式となったそうです。







すべて1995年3月撮影


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る