炭鉄の風景
2009年3月4日リンク追加
2003年3月19日公開
Miike vs JR express

 鹿児島本線下りの車窓は、大牟田市街に近づくと、右手からは西鉄大牟田線が併走、続いて左手に仮屋川操車場からの旭町線が追走して、合計五線の複々線となります。ここから大牟田駅までの区間は、かつては開かずの踏切名所で、古い新聞記事によれば渋滞解消のため、大牟田駅を高架化しようという運動もあったようです。
 旭町線はタッチアンドゴーで、すぐに宮浦方向へ逸れてしまいますので、実際の併走区間は100メートル程でしょうか。両ダイヤに目星をつけて、並び写真に何度かトライしましたが、ドンピシャのタイミングで撮れたのはワンカットだけでした。


(1997年10月旭町)宮浦駅から19号の単機回送がやって来た。その横をハイパーサルーン有明があっという間に追い抜いていく。


本館ページへ戻る