岳南鉄道
2010年電気機関車祭
2010年12月30日公開

 
 2010年12月18日、岳南鉄道電気機関車祭に行って来ました。製紙工場からパワム、コキで出荷される岳南鉄道ですが、早晩、パワム引退も確実視されている(!?)こともあり、3本運転されたイベントカモレ(ED402、ED403のダブル運用)はかならずパワムを組んだ編成となっていました。比奈駅でもパワムの姿を撮り収めている人を見かけました。




 岳南電機の揃い踏み。通常は3台並ぶことはないので、このシーンだけでも貴重です。



 ED501号は体験乗車として比奈駅構内を往復しました。



 電気機関車祭の看板をつけたモハ7002号とのツーショット。





 体験乗車の終わった後は、ED501号はいつもの入換に就きました。パワムの入換を終えて、比奈駅に帰ってきたところです。



 比奈駅ホームから吉原方向を望みます。ずらりとパワムが並ぶ光景は岳鉄お馴染みです。



 プッシュプル編成組成のため、ED402、ED403号の順で次々出発。



 岳南原田駅に進入するモハ7002号。工場プラントをバックに岳鉄らしい光景です。





 ジャトコ前駅から有名撮影地(松屋ポイント)へ行きましたが、モロ逆光で選定失敗でした。



 終日富士山はよく見えていました。岳鉄といえばこの構図。



 いったん吉原駅で折り返すことに。モハ8001号はウェディングトレインの看板付き。



 吉原駅のホーム先端からJR授受線を見ます。手前の分岐器は最近交換されたようです。



 以前はタンク車を撮ったこともある側線ですが、すでに本線との連絡は断たれていました。



 再び比奈駅に戻ります。途中、岳南原田駅にED501号の区間貨物列車が停まっているのが見えたので、ホーム先端から、戻りの列車を待ちました。



 再び3台の機関車が並びましたが、日暮れ時になってギャラリーも減っていました。



 この日の最終貨物(吉原行きコキ)のため、ED403号再び稼動です。











 ED501号がパワム推進で比奈駅に戻ってきました。







 一日の仕業を終えて寝についたED501号。おつかれさまでした。


別館トップに戻る

炭鉄indexに戻る