デジカメ散歩

岳南原田駅
2012年2月5日公開


 比奈〜岳南原田間で運転される貨物列車は、比奈駅入換のED501が牽引することと、岳南原田駅にて、コンテナ車の突放入換が行われることで、ユーチューブでもよく取り上げられています。運転は不定期ですが、今回運よく運転日に遭遇しましたので、一部始終を写真にて取り上げてみます。

 入換作業は、開始から出発まで10分足らずですが、出荷されるコンテナ車の両数(1〜2両)によって入換パターンに変化があるようです。今回、わたしが見たのはコンテナ車2両同士の交替でした。

 撮影日2012年1月岳南原田



 ED501+コンテナ車2両が上りホームにて交換列車を待ちます。



 一旦、上り方本線に入り、倉庫へとコンテナ車を推進。



 倉庫に留置してあるコンテナ車に連結、引き出します。





 コンテナ車を引き出すシーンですが、何やら操車手が棹で操作しています。



 配線を見ると、倉庫側の架線をON・OFFする装置のようです。倉庫内は無架線ですが、その手前の線路では、以前はタンク車の荷役も行っていたので、安全のためにOFFにできるようになっているのでは。



 コンテナ車4両を上り方本線に引き出します。



 いよいよコキ突放の開始です。まずはコンテナ車2両を上りホームにむかって突放。



 写真ではわかり難いですが、ゆっくりと手前に向かって動いています。操車手は先頭コキのハンドブレーキを加減中。



 つづいて倉庫にむけてコンテナ車2両を突放。





 こちらもゆっくりと進行中。ホームはぴったりコキ2両分なので、車止めギリギリまで推しこまれます。まさに職人技。





 コンテナ車はまだ進行中ですが、ED501が機回しを始めます。出発信号は赤のまま。



 信号が青に変わり出発します。



 無事、コンテナ車2両⇔2両の入換が終わりました。


別館トップに戻る

炭鉄indexに戻る