炭鉄の風景あちこち
ガタガタ橋
三川坑
2013年1月3日公開
Mikawa Coal Mine

 通称ガタガタ橋は、三川坑と、岬町の土場(坑木置場)を結んだ坑外軌道が諏訪川をわたる橋です。単線の軌道と平行して人道が設けられており、(一応)誰でも渡ることが出来ました。鉄板を渡しただけの人道なので、人が歩くだけでガタガタと揺れていました。


(1990年3月三池港)三川坑方向を望む。選炭工場や火力発電所の巨大な建物が並ぶ。


(1991年3月三池港)ガタガタ橋の向こうは土場と呼ばれた坑木等の置き場。


(1991年3月三池港)ガタガタ橋の向こうに小川開アパートが並ぶ。

 坑外軌道は1991年に撤去。


(1991年8月三池港)レイルが撤去されたガタガタ橋。土場跡は更地に。


(1991年8月三池港)


(2006年10月三池港)ガーダーに新しいパイプラインが敷かれている。この時点で人道は通行出来なくなっていた。


(2006年10月三池港)かつての土場跡周辺は諏訪公園として整備。


(2006年10月三池港)

 有明海沿岸道路の建設によって景観が様変わりしましたが、ガタガタ橋はパイプライン橋として健在。


(2010年11月三池港)有明海沿岸道路の諏訪川橋をくぐるガタガタ橋。人道は撤去された。


(2010年11月三池港)諏訪川の護岸もあわせて工事された。


(2010年11月三池港)有明海沿岸道路によって景色が様変わり。


(2010年11月三池港)諏訪川橋のむこうに見える建物は諏訪ポンプ場。


本館ページへ戻る