炭鉄の風景
2003年2月20日公開
Hama line
 西鉄新栄町駅をおりて左手に歩くと、商店街中央に延びる三池鉄道の築堤にぶつかります。もちろん向こう側へ抜ける道がいくつかあり、明治24年の開通時のものと思われる煉瓦積みの橋台が残っていたりします。
 さて築堤沿いに歩いていると、写真のような立看板を見つけました。撮影時点では三池浜〜宮浦間の列車設定がなくなっていたと思いますが、商店街でこのことを知っていか定かではありません。いずれにしろ街の真ん中にでんと鉄道(跡?)が横たわっているのを苦々しく眺めていたのは確かなようです。
 浜線築堤の撤去問題はいまも継続中で、市の広報などを見ると、市街活性のために緑道化の案もあるようです。跡地がせんろ道になるのか、駐車場になるのか分かりませんが、新栄町のカンフル剤として撤去は止むを得ないでしょう。貴重な土木遺産の保存が考慮されればよいのですが。もっとも、レイルは撤去されましたが、併走してパイプラインや導水管があるため、その移設は容易ではなさそうです。

(1995年03月大正橋付近)列車の走らなくなった浜線への風当たりは強かった。

(1995年03月大牟田市栄町)三池鉄道はどこ?。栄町から新栄町を望んだ構図で、西鉄栄町駅跡(跡地は西日本銀行)から見ています。答えは写真中央の不思議な時計門?。三池鉄道の橋台とガーダーは、すっぽりとシールドされています。鉄道橋のアイデア活用と見るべきか、安っぽいイミテーションと見るべきか。


本館ページへ戻る