N鉄鉱業専用線
東鹿越その1
2004年11月24日公開
Shunter of Nittetsu-Mining in Higashi-Shikagoe


 旅行メモによれば、急行津軽で出発して6日目、前日は旭川駅で駅寝、富良野線経由で降りています。専用線の様子をさっぱり覚えていないのは、多分、駅でダウンしていたんじゃないかと思いますが・・・不思議と?撮るもんは撮っていましたので、ネガを頼りに披露したいと思います。

 専用線は東鹿越駅から根室本線と少し離れてしばらく併走すると日鉄鉱業東鹿越鉱山へ至ります。入口で3本に分かれた線路の1本がさらに鉱業所奥へと引き込まれていましたが、積込場までは立ち入っていませんでした。写真を見ると線路際まで轍が目立ち、トラックが走り回っていたと思います。山も白く霞む、いかにも石灰鉱山という場所でした。


(つづく)



(1990年8月東鹿越)鉱業所にてスタンバイしたシャンター。後方に車庫。



(1990年8月東鹿越)ロッド式のわりには軽快そう。



(1990年8月東鹿越)サイドビュー。汽車会社の立派な銘板がついています。


TOPページへ戻る
N鉄鉱業専用線(東鹿越)その2