ネガの影干し
DD351
福島臨海鉄道
2010年2月6日公開


 福島臨海DD351は、普段は常磐線内原駅のセメントストックポイントの入換に出張していましたが、この日は偶々小名浜駅に帰郷していました。おそらく内原駅には代機が出ていたと思われます。富士重工 昭和37年製の35トンDLで、小名浜臨港鉄道時代の増備機。インサイドフレームのロッド式DLですが、おそらく回送のためロッドは外されていました。
















(いずれも1990〜1991年小名浜)


TOPページに戻る

炭鉄に戻る