福島臨海鉄道
2010年10月3日公開

 小名浜駅の片隅には、ずらりと予備機関車たちが留置されていましたが、そのなかでひときわ貫禄があったのがDD501号でした。昭和35年に新潟鉄工所で製造された50トンDLで、福島臨海鉄道の前身である小名浜臨港鉄道時代に増備された最初の本線用DLです。ロッド式ながらアウトサイドフレームの台車が一目で目につく特徴で、わたしも台車ばかり撮ってました。撮影時点ではすでに廃車となっていましたが(1983年)、その後、台車だけが小名浜駅の本社前に保存展示されているそうです。





















1990年3月および1991年8月撮影


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る