(1990年3月三池港)港駅高架桟橋上のセナ形炭車。三池港の高架桟橋式貯炭場には1〜3号の高架桟橋があった(写真は2号桟橋)。レイルとレイルの間が抜けており、底開炭車から卸された石炭はそのまま高架下に貯炭される。そのため、かつては高架下には石炭を積み込むための線路が敷かれていた。


本館ページへ戻る