2012年10月22日公開
(1990年3月三池港)港発電所鉄道門より構内を望みます。奥に見える建物が港発電所。港駅から港発電所に向けての石炭輸送が三池鉄道の重要な役目だった。三池炭鉱閉山後は、ダンプカーによる石炭輸送が継続されたが、結局、港発電所は2004年には廃止された。跡地は九電初の太陽光発電所であるメガソーラー大牟田発電所として生まれ変わっている。


本館ページへ戻る