2012年10月31日公開
(2011年11月宮浦)現役の9号、11〜12号は、M化学線とコンテナ線ではパンタグラフを畳んでバッテリー駆動となり、宮浦駅に戻ると走行しながらパッとパンタグラフを上げて架線集電に自在に切り替えています。運転室でこの切り替えがどのように行われているのでしょうか。浜側妻面にある黒い大きなレバースイッチがこの事と関係がありそうです(ちなみに1号と5号にはありません)。白い紙に架線停電とあり、写真のようなバッテリー駆動の状態ではレバーが下りています。


本館ページへ戻る