(1991年3月西原)西原駅ホームの裏をすり抜ける荒尾駅連絡線。戦時中の昭和18年開通されたルートで、石炭の陸上輸送転換方策が関係していると思われます。戦後も石炭発送ルートとして活用された。撮影時点では休止線の扱いだったが、荒尾駅側の接続は絶たれていた。


本館ページへ戻る