2016年10月23日公開
(2012年11月宮浦)2012年の産業遺産一斉公開から17号電車。この場所は仮保管庫として企業から提供されたものだった。テント高さの関係から、すべての電車はパンタグラフが折り畳まれていたが、17号電車はさらに紐が括りつけられていて見栄えが良いものではなかった。2016年8月に三川坑跡地の常設展示場に移されたが、残念ながらパンタグラフは畳んだままである。


炭鉄本館へ戻る