2016年12月12日公開
(2011年11月宮浦)宮浦操車場の外れに留置された検1号と検2号。線路は旧三池本線である。検形は秤量器の精度確認のための基準錘となる検重車と称した車輌で、検1号は自重25トンで日本車輌 昭和10年製、検2号は自重15トンで三作 昭和10年製。検1号は『日車の車輌史』に組立図が掲載されている。


炭鉄本館へ戻る