(1995年7月三池港)内地側(左手)より1号桟橋橋台、2号桟橋橋台、3号高架桟橋が並び、さらに3号桟橋の向こうに5本の高架桟橋跡が霞んでいる。1991年頃、三池港正門道路の拡張のために1〜2号高架桟橋の撤去が行われた。残された3号高架桟橋だが、その後、石炭列車の入線を見ることはなかった(他炭積込みホッパー参照)。撮影時点では架線も撤去されていた。
 2号桟橋橋台が複線対応となっている点が気になりますが、もう1本高架桟橋を増やす計画があったのだろうか。


本館ページへ戻る