(1991年3月宮浦)いまだ宮浦坑跡だった高台から撮った宮浦ヤード。当時、ヤードには常時20トン電車2台が配置されており、1台はいまと同じく駅舎そばに、もうひとつは9号電車が止まっているあたりに留置されていた。電車に掛かっている鉄骨は、姿をとどめていた石炭ホッパーのもの。とは言え、上部から崩壊が進んでいた。


本館ページへ戻る