Mマテリアル専用線
石原町
2008年9月15日公開


 石原町駅から延長3.7キロで東谷鉱山(当時は東谷工場)まで延びていた専用線です。黒崎駅との間をDD51に牽かれたホキ8500形やホキ6700形がピストン輸送を行っていました。東谷鉱山は呼野駅からが近く、歩いてもほどなく着きました。構内での写真は許可が下りませんでしたが、ヤード入口からならOKとのことで、DD51カモレの到着を待ちました。ヤードの入換も到着したDD51がそのまま仕業についていたのは残念でしたが、かつて入換用として在籍していた日通のシャンターが1台、工場入口に展示されていました。










(4枚とも1992年8月東谷工場)工場入口に展示された三菱25トン。日通八幡支店とあった。実車にナンバーはなかったが、銘板から判断すると、日通ヤワW1-5号。













(6枚とも東谷工場)DD51-1005に牽かれる専用列車。カバードタイプとオープンタイプのホッパーカーが混在した編成も見ものだった。


TOPページに戻る

炭鉄に戻る