宮浦駅のあちこち
宮浦駅秤量所
2004年10月24日公開
2011年1月3日画像追加
Miyaura station


 宮浦駅のストラクチャーをひとつ。宮浦駅舎とはヤードを挟んだ位置にある宮浦駅秤量所です。
 今でこそ、化学工場に出入りするタンク車とは何ら係わりがありませんが、本来は宮浦坑石炭ホッパーの積出線でした。すでにホッパーは撤去されたため、炭鉱時代の遺構となりましたが、設備としては補修しているようです。三池港駅との間で検重車も往復していました。今も大抵はハト形無蓋車が近くに留まっており、社内貨物用として残してあるように見受けられます。




(2009年11月宮浦)宮浦操車場に置かれた宮浦駅秤量所。かつては奥へ延びる線路には石炭積み出しホッパーがあった。



(2004年2月宮浦)秤量所とハト形無蓋車。



(2003年1月宮浦)宮浦駅秤量所浜側妻。



(2004年2月宮浦)駅舎側から見た秤量所。



(1996年2月宮浦)宮浦駅秤量所港側。



(2006年10月宮浦)窓がアルミサッシ化されている。



(2009年11月宮浦)コキ200の時代となったが、秤量所の羽目板が補修されたようである。


本館ページへ戻る