宮浦の20トン電車
浅牟田町108号踏切
2007年4月15日公開
20ton E-Loco in Miyaura

 最近の写真から、宮浦駅の好ポイントからいくつか絞ってアップしたいと思います。まずは、化学工場門前にある浅牟田町108号踏切。宮浦駅から急カーブで工場に引き込まれる線路上にあります。踏切のすぐ先で大牟田川を渡り、工場門に入ります。ちなみに工場構内もカーブしたまま、さらに奥へと引き込まれているので、荷役の様子はまったく見えません。まぁ、カメラを向けるべき場所ではないでしょう、念のため(監視もされています)。
 さて、浅牟田町108号踏切の方はいかにも工場裏手風な寂しい踏切です(もっとも最近は夢タウンへの近道になったためか、以前に比べ交通量は増えたように感じます)。列車往来の際は、工場門開閉のために宮浦駅からバイクで出張があり、運転時刻の目安になります。
<注意>ここで使用した写真は、すべて駅周囲の道路および踏切から撮影したものです。言うまでもありませんが、無断で駅構内等へ侵入することは 厳禁かつ危険です。入換作業の支障にならぬよう、節度ある行動をお願いします。


(2006年10月宮浦)打鐘式踏切がチンチンと鳴ります


(2006年3月宮浦)大牟田川と工場門。


(2006年10月宮浦)濃硝酸タキを連れて工場を出場。


(2006年10月宮浦)タキ5450返空車を推進で工場出場。


(2006年3月宮浦)踏切から宮浦駅方向を望みます。


本館ページへ戻る
宮浦の20トン電車(三坑町3号踏切)