炭鉄の風景
野積倉庫
三池港
2007年4月15日公開
Miike Port

 三池港駅(跡)から閘門に向かう途中、船渠と道路に挟まれた、いかにも頑丈そうなレンガ積みの塀で区切られた一角があります。覗くまでもなく、向こうにはアルミニウムのインゴットが輝いているのが見えました。この野積倉庫については三池港の案内板等にも特に記名されていませんが、船渠には桟橋も設けられていて、コークスや鉱石の貯鉱場だったと思われます。三池港では意外に数少ないレンガの施設です。古い地図によれば、かつては港駅からの引込線が貯鉱場内を貫いていました。




(2枚とも2006年10月三池港)


本館ページへ戻る