大分運転所のEF303 2011年10月9日公開


 大分運転所という呼称自体がすでに過去帳入りしてしまったし、写真を撮ったあたりも大分駅の高架化によって様変わりしてしまったという。大分運転所といえば、JR九州に引継がれていたEF303と、キハ0741が有名であった。その後、キハ0741は九州鉄道記念館に無事移転されたが、EF303の方は解体されたという。

撮影はすべて1990年3月。













別館トップに戻る

炭鉄indexに戻る