大分運転所(その他)その1 2011年10月9日公開


 当時の大分運転所にはブルートレイン、夜行列車牽引のためにED76、関門トンネルのためにEF81が配置されており、機関区の雰囲気がありました。この時に撮影したED76、EF81らがすべて廃車となっていたのには隔世の感があります。

撮影はすべて1990年3月。



ED7689号の運転室から大分駅構内を見渡します。大分駅高架化によって過去の風景になりました。





ED7663号は1991年3月に廃車となっている。



ED7689号は1993年3月廃車となっている。



右に見えるED7635号は1986年3月廃車。



ED7684号は1995年10月に廃車されている。



EF81413は2006年4月に廃車されている。



DE101195号は現役。


DE101195号の運転室より。ボンネットの向こうにターンテーブルが見える。


別館トップに戻る
大分運転所(その他)その2
炭鉄indexに戻る