炭鉄の風景
最近の宮浦入換
その7
2011年11月18日公開
Miyaura-station

 20トン電車は空となったコキ200を宮浦駅に戻すと、今度は空のコキ104を牽引して海コンホームへと進入してきます。普段の海コンの場合、ホームへの入線は推進のかたちを取るので、機関車が先頭になった姿は珍しい光景となります。4両のコキ104を牽引して車止めギリギリまでで停車。コンテナは旭町側のコキ104から搭載していくためです。1両目の積込みが終わると、1両分だけ推進で戻していきます。ホーム上にはドラム缶も並べられているため、トップリフターの転向が限られているためでしょうか。コンテナをすべて積み終わると、宮浦駅に編成を推進して仕業がおわりました。





(2011年11月宮浦)






(2011年11月宮浦)架線のない海コンホームのため、編成がすきっりと見渡せられる。






(2011年11月宮浦)そのまま宮浦ヤードにコキ104が推し込まれて、一日の作業が終わる。右端のコキ200との連結は明朝となる。


(2011年11月宮浦)空荷コンテナを3個搭載したコキ104。


(2011年11月宮浦)手前コキ104、奥コキ200。コキ104は車長20メートル・荷重40.5トン、コキ200は15メートル・荷重48トン。コキ200は車長自重を抑えて、荷重を増した極限的な設計だ。


本館ページへ戻る