2005年2月20日公開

秩父鉄道のデキ200形といえば、唯一無二のL型台車を履く電気機関車。理想(理屈?)をそのままかたちにしてみましたみたいな構造がいいですね。三岐鉄道にはデキ202〜203号が中部空港建設の助っ人(東藤原駅入換)としてやって来ました。その特需も終わり、富田駅にデキ203号が疎開留置されていました。塗装もブルーから水色に変わりつつあり、カラーでは忍びないので、あえてモノクロモードにしてみました。


(2005年2月富田)富田駅の通運会社裏に留置されたED203号

すべて2005年2月撮影


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る