2007年7月17日公開

 現在でもJR貨物のコンテナ扱い駅として機能する川内駅です。十数年まえにふらっと立ち寄った際に撮った写真から。構内にはJR移動機が3台(20トン、10トン2台)が確認でき、化成品タンク車も見られました。九州新幹線の開業によって、駅構内の様子は、今ではだいぶ様変わりしています。


タンク車を引き連れた20トン移動機。








10トン移動機は2台。

すべて1989年8月撮影


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る