炭鉄の風景
船渠の見える風景
2003年2月20日公開
Port of Miike

 三池港と三池鉄道は、三池の輸送史を語るうえで切っても切れない関係ですが、鉄道と船渠と閘門(船渠の水門)その他諸々をひとつにおさめたお誂えむきな写真をアップしましょう。美しい風景ではないですが、気に入っているカットです。
 レイルが撤去された桟橋線跡(四ツ山〜三池港)の築堤からの小俯瞰です。三池港駅の通勤線跡から築堤にあがりました。すでに築堤上はほとんど自然に還ってましたが。


(1996年02月三池港)船渠岸壁をゆく21号のセナ列車。遠くに閘門や港務所、さらに内港北岸壁が見える。黄色いクレーン船(浮)は大金剛丸。三池港築港工事以来の現役。
 手前の空き地はもともと貯炭場だったが、高架桟橋が撤去され、跡地を坑木場やパイプライン置場に使われていた。


本館ページへ戻る